鎌倉彫道友会のシンボル・リーフ:四葉のクローバー鎌倉彫道友会  作品展示室  バックナンバーのページ(1)

          ※サイトマップはこちらから  ※スマートフォン(横画面)での閲覧はこちらからどうぞ!→鎌倉彫道友会


  ※作品の下のコメントは、講師:田中光堂によるものです。
   ※コメント末尾の【 】印は、漆塗りを手掛けた塗師(ぬし)の名前です。
   凡例: 【魁】…櫻井魁山  【圭】…宇田川圭介  【光】…田中光堂
   『リンクの輪』のページに“塗師のご紹介”を載せてありますので、どうぞご覧ください!

   ※画像とコメントがずれる場合は、拡大率を100〜75%に設定し、ページの幅を広く開いてご覧くださいませ。m(_ _)m


【バックナンバー 一覧】・・・下記の日付をクリックすると、これまでに掲載した画像をご覧になれます。  

*2012年1月1日掲載分(2)  *2012年4月4日掲載分(3)  *2012年7月10日掲載分(4)  *2012年11月4日掲載分(5)

*2013年5月5日掲載分(6)  *2014年1月5日掲載分(7)  *2014年8月16日掲載分(8)  *2016年9月1日掲載分(9) 

*作品展示室メインページへ戻る 


*以下は、2011年12月1日掲載分(:オープニング時に展示した19作品)です。

椿文様の堆朱盆の模刻  ばら文様の姫鏡 
(↑)中国の芍薬文様の堆朱の模刻です。                 
 シャープで細い
薬研彫(やげんぼり)が眩しいです。             
 立派な仕上がりです。 ・塗師…【魁】
       
(↑)ばら文様の姫鏡です。背景は黒の干口塗り(ひくちぬり)でバラの朱色が映えます。
 お世話になった方へのプレゼント用だそうです。
 力みの無い素直な彫り口で、誰からも愛用されそうです。 ・塗師…【魁】
      

      
       
                  

ライチ文様の堆朱盆の模刻  松竹梅と紅葉と枝垂れ桜の銘々皿 
(↑) やはり、中国明代の堆朱盆の模刻で、オリジナルは 東京国立博物館所蔵です。ここでは深い薬研彫りで背景の処理をしましたが、特にライチの実の地紋彫りは重神経作業でした。見ごたえがあります。 
  ・塗師…【魁】
   (↑)五枚組の銘々皿です。
   デザインは、作者がいろいろなモチーフを換骨奪胎して創作しました。  
   背景の全面に“刀痕
(とうこん)”を打ってあります。  
   古典的で鎌倉彫らしい仕上がりです。 ・塗師…【魁】


       

 

水仙文様の手鏡    老梅と夫婦(めおと)のキジの飾り皿
(↑)水仙文様の手鏡です。背景全体に丸い刀痕が几帳面に打ってあります。 
表の葉脈は薬研彫り、裏の葉脈は“流し刀痕”という技法が使われていますが、
作者にとって初挑戦の技法が多く、作品全体に初心の集中力が漲っています。
  ・塗師…【魁】
  (↑)梅と雉の文様の飾り皿です。
  オリジナルは某美術館所蔵の古い障壁画で、それを鎌倉彫で彫りやすいよう
  に、作者がアレンジしました。 中央を斜めに走る梅の黒い幹を、彫りの無い
  “平面仕上げ”にしました。 ・塗師…【光

       

                                                                                                     

海棠文様の丸盆       松竹梅文様の堆朱盆の模刻
(↑)海棠の花をヒントに作者が自由にデザインした丸盆(径30センチ)です。
盆の外縁のV字型の刻み目も、作者がつけました。 のびのとした
リズム感のあふれる 豪華な仕上がりになりました。・塗師…【魁】
   (↑)中国の松竹梅文様の堆朱を模刻した壁飾りです。 背景の笹竹文様は、
   オリジナルよりも和風に簡略化しました。横幅30cmくらいの作品ですが、
   細かい作業の連続で、完成時の歓びはひとしおでした。 ・塗師…【圭】

           

       

 

芙蓉・牡丹・百合・椿・石楠花文様の角折れ銘々皿     老松と浜辺の亀の飾り皿
(↑)五枚組の“角折れ銘々皿”です。
図案は作者(制作当時84歳)の写真とスケッチに基くもので、作品に対する深い情愛が
感じられます。 一彫り一彫り、丁寧に彫り進められており、緊張感と優しさ、温かさが
混ざり合った ゆかしい作品に仕上がりました。 ・塗師…【魁】                                                                       
  (↑)直径24センチの飾り皿です。オリジナルは古い無名の陶器の
  絵柄で、作者が鎌倉彫風にアレンジし直しました。 
  下半分の黒い部分は浜辺で、上半分の粗い刀痕は海の波浪を
  表しています。浜辺を散歩する小さな亀は 作者のオリジナルで、
  作者ご自身の化身だとのことです。・塗師…【圭】


                             

    

 

 菊唐草文様の壁飾り     宝相華唐草文様の壁飾り 
 (↑)菊唐草の丸額の壁飾りです。
 オリジナルは鎌倉彫の有名な古典作品で、講師が丸額用に図案を
 アレンジしました。明快な彫り口が、気持ち良い仕上がりで、
 重厚さと華やかさがよく表現されていると思います。
 色の濃い額縁部分は、うるみ漆(朱漆と黒い漆を混ぜたもの)
 の干口塗りです。 ・塗師…【圭】額縁のうるみ漆塗りのみ【光】
    (↑)延暦寺の欄間の透かし彫りを、地透き風にアレンジした壁掛です。
   塗りは、“金剛蒔き錆仕上げ”と呼ばれる手法を応用して仕上げました。
   この作品の生命線は、流れるように“峰を立てる”運刀法にありますが、
   作者らしい誠実な彫り口で、立派に仕上がっていると思います。
     ・塗師…【魁】                            


          

 

 宝相華唐草文様の壁飾り  苺文様の半月型の御敷き膳
 (↑)平等院鳳凰堂の天蓋の宝相華唐(ほうそうげからくさ)の応用作品です。
 彫りの深さは最大1センチくらいあり、地透きが大変な手間でした。
 茎と蔓のしっかりした骨格に支えられて、宝相華が優雅に咲いています。
   ・塗師…【魁】
 (↑)苺文様の半月型の“お敷き膳”です。図案は作者のスケッチに基く創作です。
  文様部分を中心に 放射状に流れ出す刀痕のうねりをご覧ください。
  こういう素直で飾らない味わいは、プロの彫り師にはなかなか出せません。
    ・塗師…【圭】 


        

竹文様の壁飾り    桔梗文様の手鏡
(↑)オリジナルは蒔絵の古典的名作で、彫刻図案としてはかなり手ごわい
デザインでした。7〜8ミリの深さに地透きし、遠近感を八段回位に彫り分けて、
竹林の奥行き感を表現しました。笹葉の薄さを表現するのが至難でしたが、
良く仕上がったと思います。 ・塗師…【魁】
  (↑)桔梗文様の手鏡です。 深さ2ミリ弱のごくあっさりした彫りで、
  手触りの良さや 使い勝手の良さを追究しました。
  “浅い彫りで存在感を出す”のが、鎌倉彫では最も“悩ましい”と 
  言われています。  ・塗師…【魁】


     

 

 洋風唐草文様の蓋付き二段重   アゲハ蝶と連花文様の棗(なつめ)  棗の蓋を開けたところ    
(↑)小型の二段重です。
洋風の唐草系のデザインで、側面の双葉文様が
リズミカルで楽しいです。
この作品も お店ではあまりお目にかかれない 不思議な味わいが漂っています。 ・塗師…【魁】
  (↑)アゲハの家紋をあしらった棗(なつめ)です。 
  側面の薬研彫りは、花と双葉を表現しています。
  作者は高齢者の介護施設で茶道を教えるボランティアをしていて、
  この棗でお茶を点てるのが楽しみだと言っていました。
  きっと、おいしいお茶を点てられたことと思います。 ・塗師…【魁】


                  蓮華の中で舞い踊る雲中供養菩薩の懸け佛
                   (↑)講師の作品です。
                  平等院の雲中供養菩薩を模刻して、“懸佛”として拝めるように蓮華の中におさめました。
                  御像本体は“金剛蒔き錆仕上げ”。 背面の蓮華(直径36cm)は、濃い口の“
堆烏塗(ついうぬり)”と
                  “朱色の干口塗り”と“金粉蒔き”の塗り分け・研ぎ分けです。
                  お顔は、亡母の若いころの笑顔をイメージして彫りました。
                  今は自宅の客間の鴨居の
上に懸けてあって、折にふれ 母を偲んで拝んでいます。
                                                                   ・彫師&塗師…【光】 

                       バックナンバーのぺージ(2)の末尾に、この作品の部分拡大画像が掲載してあります。 




                                         このページの先頭へ




                                                            抱き枕で爆睡中の通い猫:タマ
                                                             ◆抱き枕で爆睡中の通い猫:タマ

      道友会のシンボル・リーフ:四葉のクローバーTOPへ   *教室案内&講師紹介  *作品展示室   *鎌倉彫ノート 


       *道具道楽   *笑遊放談録(:はみだし座談ブログ)   *リンクの輪   *鎌倉彫教室 Q&A



                      ★仏像彫刻・金継ぎ・漆塗りの教室・講座のご案内