鎌倉彫の塗りの工程(その1:検品〜木地調整)

  ※サイトマップはこちらから   ※スマートフォン(横モード)はこちらから

概説

0.検品(:大キズ見・大仕分け)
  まず、作品の“工芸美・使い易さ・丈夫さ”に影響する木地の大きなキズ、
  例えば、ヒビ・割れ・欠け・凹み・木肌の荒れ・フシ・はぎ目・ろくろの爪跡…等をチェック
して、
  見落としの無いように水性ペンで印をつけます。

  また、
  ・作品の種類(:箱物類、盒子類、盆、皿、鉢、椀、手鏡、茶托、小間物、置物、掛物、組立物…等)
  ・塗りの色合い
  ・塗りの加飾技法
   ――などの異同に応じて、作品をグループごとに仕分けます。

  『検品』は、塗師と彫り物との“初顔合わせの場”です。
  塗師(ぬし)は、ここで作品の特徴や器物の瑕疵を点検し、
  今回の塗り仕事の全体的な“手順・段取り”を構想します。

1.コクソ彫り
  ヒビ・割れ・フシ・はぎ目・ろくろの爪跡などを、
  1分5厘〜3分の丸刀・浅丸刀で彫り窪ませ、
  補強用の布やコクソを充填するための“凹み”を作ります。
  コクソは乾くと“痩せる(=ボリュームが目減りする)”ので、深すぎる凹みはNGです。
  かといって、浅すぎると補強用の布が露出したり、コクソがぽろ欠け(=ポロっと欠けること)したりします。
  過不足の無い適度な凹みを彫ることが重要です。

2.コクソかい
  米飯をつぶして加水して練った糊(=続飯:そくい下地用生漆(きうるし)を交ぜて“糊漆”を作り、
  これに木粉(主にケヤキ・ツゲ)・コクソ綿(麻の繊維)を適量加えて、『コクソ』を作ります。
  (※加水加熱した小麦粉と生漆を交ぜ合わせる場合もあります。小麦粉から作った麦漆は“シン”と呼ばれます。)
  この『コクソ』で、
  ヒビ・割れ・欠け・凹み・木肌の荒れ・フシ・はぎ目・ろくろの爪跡などを修繕・補強するのが、
  『コクソかい』『コクソかい込み』です。
  ※“かい”は“鍵を支う(かう)”という言い回しと同じで、「あてがって固定する、支え固める」というほどの意味かと思われます。
    また、“かい込み”は『掻き込み』の訛りだろう、という説もあります。
    工房では『ここのところ、ちょっと、コクソをかっておいてくれ』などどいう言い方をします。


  コクソは“痩せ”が止んで乾ききるのに、季節によって“3日〜1週間”ほどかかります。
  “痩せ”の進行中に短気を起こしてコクソを切ると、コクソ部分の凹みが目立つ仕上がりとなって、
  塗りの完成度に悪影響が出ることがあります。

3.こくそ切り
  乾いたコクソを、刃物で切って整形する工程です。

4.木地調整(=面取り・空(から)ペーパーあて)
  “面取り”は、器物のカド・彫刻のカドに、紙ヤスリ(時に鉋をかける工程です。
  この工程も“加減”が大切で、やり過ぎると作品の緊張感が台無しになりますし、
  やり足りないとカドの漆の塗膜が薄くなって、漆器としての耐用年数が短かくなります。

  “ペーパーあて”は、木地の平面〜曲面を調整し、木肌のキメを平均化しながら、
  木地の表面の繊維を微細に毛羽立たせる工程です。
  こうすることで、次工程の木固めの下地漆が、木地の繊維孔へ均一に「浸潤」しやすくなり、
  乾燥後には毛羽立った繊維が繊維孔を塞ぐので、適度な「目止め効果」が得られます。
  「下地塗り」の基礎条件を整備するという意味で、“ペーパーあて”はとても重要です。

  ※生徒さんの作品は、“ペーパーあて”の段階で彫りの突端部がポロ欠けして、
   「コクソかい」の二度手間が生じる場合がある
ので、
   本来の工程順序を一部分だけ変えて、
   “ペーパーあて”→“赤ペン入れ”→“コクソかい”→“こくそ切り”→“コクソ部分のぺーパーあて”
   の順に作業することもあります。


【以下、実際の例を画像で解説します】

  ろくろの爪痕1
  盆裏に残った
  ロクロの爪痕です。
ろくろの爪痕2
1分5厘の浅丸でコクソ彫り
 ろくろの爪痕3
 コクソ彫り完了。ここに、
 コクソかいをします。
 ろくろの爪痕4 コクソ切り
乾いたコクソのうわつらを、
平刀でコクソ切りします。
(“前鉋”を使うこともあります。)
 ろくろの爪痕 ペーパーあて
切ったコクソに、
#180空ペーパーあてをして、
盆裏全体を平らにしたところです。
めしべのコクソ2
桜のめしべが欠けています。
左の花弁の幅が狭いです。
 めしべのコクソ2
 花芯に錐で穴を開け、
 木片を差し、
 糊漆で接着しました。
 めしべのコクソ3
 乾いたら
 木片にコクソを盛って…
めしべのコクソ4
よく乾かして、
コクソを切って整形します。
丈夫なめしべに直りました。
 
葉脈のコクソ1
裏の葉脈が欠けています。
※ここでは先に
“ペーパーあて”(#240)
をしてあります。
 葉脈のコクソ2
 問題の箇所に
 コクソかいをして・・・
 葉脈のコクソ3
 乾いたら、
 1分小刀で
コクソ切りをして
 成形します。
 葉脈のコクソ4

 無事に成形完了です。
 
 カドのコクソかい込み1
木地のカドに“割れ”を発見
さっそくコクソ彫りをしました。
【※この“割れ”は、
木固め
の時に気が付きました。
木地に木固めの漆が浸み込ん
でいるのが観察できますね。】

 カドのコクソかい込み2
 寒冷紗を貼るために、
 馬毛の“乾漆刷毛”で
 糊漆を塗っています。
 乾漆刷毛は、
 糊漆を扱う作業に
 なにかと調子良いです。
 カドのコクソかい込み3
 寒冷紗を貼り終えました。
 割れに対し糸目をバッテンに
 貼る、定番の“バイヤス貼り”
 です。
 麻布を貼ることもあります。
 カドのコクソかい込み4
 寒冷紗が乾いたら、
 軽く#240ペーパーをあてて、
 コクソをかい込みます。
 カドのコクソかい込み5
 コクソが乾いたら、
 彫刻刀で成形して、面を合わせ、
 #180空ペーパーで仕上げます。
 この際、“絆創膏”を貼ったような
 不自然な仕上がりは、NGです。


【コクソの作り方】

コクソの作り方1
小麦粉で作った糊です。
 コクソの作り方2
 目分量で、
  糊と等量の生漆を
  混ぜ合わせます。
 コクソの作り方3
 完全に混ざると、画像のように
 滑らかなキメになります。
 小麦粉で作った麦漆は“シン”
 と呼ばれます。
コクソの作り方4
 “シン”にケヤキの木粉と
 コクソ綿を練り込んでいます。
 自作の竹べらを使って混ぜ
 合わせ、耳たぶ位の弾力に
 調整します。
コクソの作り方5 
コクソができました(手前の山)。
奥の山は“シン”です。
作業中にコクソが乾いてきた時、
シンを補充して使います。
竹べらは火で炙って、
先を曲げてあります。

【面取り・ペーパーあての効果】

ペーパーあての効果#240(1) →
        before
ペーパーあての効果#240(2)
          after(by#240)
 ペーパーあての効果#150(1)
        before


 ペーパーあての効果#150(2)
         after(by#150)
※盆裏の“ペーパーあて”は、
 通常、“コクソ切り”の後で行ないます。



                          このページのトップへ

                                          鎌倉彫道友会の看板猫:ニンがもの思いに耽る表情です。

           『技法についての覚え書き』のペ−ジに戻る

  道友会のシンボル・リーフ:四葉のクローバーTOPへ  *教室案内&講師紹介 *作品展示室 *鎌倉彫ノート( 歴史 ・ 技法 )

       *道具道楽 *笑遊放談録(:はみだし座談ブログ)  
*リンクの輪  *鎌倉彫教室 Q&A 

        ★仏像彫刻・金継ぎ・漆塗りの教室・講座のご案内