雲中供養菩薩(:講師 田中光堂摸刻) 仏像彫刻・金継ぎ・漆塗り
教室(東京 国立・府中)&講座の
    
ご案内

   道友会のシンボル・リーフ:四葉のクローバー鎌倉彫道友会 
    ※サイトマップはこちらから  
   ※パソコンでの閲覧はこちらから!


【←】
蓮華蔵雲中供養菩薩。(講師作)
鎌倉彫作品展示室バックナンバー(2)
  の末尾に拡大画像があります。

仏像彫刻入門講座期日未定ですm(__)m

講座名:はじめての仏像彫刻――観音さまのレリーフを彫る――
講座内容:白衣観音の浮き彫り制作を通じて、仏像彫刻の基礎習得
      を
目指します。 彫刻刀の持ち方から丁寧にお稽古します
      ので、
初めての方もお気軽にご参加下さい。
     ※月2回、全10回予定。受講定員15名。
持ち物:歯ブラシ、HBのシャープペン、消しゴム、定規、コンパス、
     片面カーボン紙。

費用:10,000円(全10回受講料:予定) 
別途費用:4000円(彫刻刀7本&木地代:予定)
  彫刻刀内訳・・・2分右小刀(右印刀)、2分5厘左小刀(左印刀)
            1分平刀、2分5厘平刀、1分丸刀、2分丸刀
            2分三角刀(90度)    ――以上7本です。
講師:田中光堂

詳細が決まりましたら、このページでお知らせします。
どうぞ宜しくお願い致します!
m(__)mm(__)mm(__)m



 

 
白衣観音:びゃくえかんのん
 別名:白衣観自在母、白処尊、白衣母など。
 三十三観音のひとつで、阿弥陀如来の妻、
 観音菩薩の母であるといわれます。
 無事息災、除厄招福、安産子育てなどの功徳があり、
 持物には般若経巻・水瓶・宝珠・蓮華などがあります。
 水瓶から流れ出る水は“無尽蔵の知恵と慈愛”の象徴で、
 『一切衆生の不安を除き、すべての願いをかなえる』
 と言われます。
 大船や高崎の巨大な仏像は白衣観音をかたどったものです。


 課題作品:板彫白衣観音の画像です。

【↑】板彫白衣観音(:講座『はじめての仏像彫刻』課題作品)
                縦×横:22㎝×15㎝

    国立教室には 仏像と金継ぎと漆塗り の講座もあるんだよ!
 鎌倉彫道友会の看板猫:ニンです。
◆仏像彫刻・金継ぎ・漆塗りの講座◆
 ・・・東京 『国立くにたち
教室』で受講生募集中!

◆仏像彫刻 『仏彫会』◆

 ・・・東京 府中市生涯学習センターで
    本年4月8日に発足しました。

  日程・会場・費用
をご案内します

   ◆国立教室&仏彫会のお問い合わせ◆
電話・FAX  042-511-7773  田中光堂まで

e-mail tanaka-koudou@jcom.home.ne.jp

 金継ぎの作例です。
 【↑】受講生さんの初めての金継ぎ作品。
 鯛牙と胴摺りで良い艶に仕上がりました。
    
教室名 毎月の実施日時 場所 月謝 備考
 国立教室
(道友会本部)
   鎌倉彫
  仏像彫刻
金継ぎ・漆塗り
 
毎週 月or火曜日

午前9時半~正午頃
   または
午後1時半~4時頃
JR 国立駅徒歩12分
(バスも利用できます)
※下記の
【国立教室のご案内】をご覧下さい
自宅開放型の教室です。
アットホームな環境で、豊富な資料を参照しながら奥深いお稽古がしたい方に最適です。
鎌倉彫のほかに仏像彫刻金継ぎ・漆塗りも ご希望に応じて個別指導します。

  仏彫会
  仏像彫刻
第2・4土曜日

午前9時頃~正午
府中市生涯学習センター

3階:工房or版画室
月2回
 3000円
 “自主サークル”です。
 2017年4月8日に発足しました。
 会員募集中です!
     
 宝菩提院の如意輪観音像摸刻
 【↑】宝菩提院の「如意輪観音」
 を基に制作しました。
 (像高12.5㎝。講師作)


      【国立教室のご案内】
  (※応募者が定員に達したところで随時開講しています)
■場所      
 JR中央線「国立駅」徒歩12~13分。
 バス利用も可能な のどかな住宅街です。
■講座内容   
 ☆仏像彫刻
  「地紋彫」「彫刻刀研ぎ」などの基礎講座から始めて、
  「懸仏」「一木彫」などの仏像彫刻にステップアップ。
 ☆漆塗り
  「拭き漆」「金継ぎ」等の入門講座からステップアップ。
 ☆鎌倉彫
  「鎌倉彫教室Q&A」をご覧ください。
■講座趣旨   
 少人数&スローな環境で『じっくりと楽しみながら』をモットー
 に、ステップ・バイ・ステップの個別指導を行ないます。
 アマチュアならではの“味わい深い作品づくり”を目指します。
■募集要項   
 A.曜日と時間
  基本的に「毎週月or火曜日」。
  午前の回:午前9時半頃~正午頃。
  午後の回:午後1時半頃~4時頃。
 B.コースと費用
   ①月1回/4000円   ②月2回/6000円
   ③月3回/8000円   ④月4回/10000円
   ――の4コース(入会金無し、月謝制です)。
 ※月2回以上のコ-スは「鎌倉彫・仏像彫刻・金継ぎ・漆塗り」
  の講座を 任意に取り混ぜて受講できます。
白衣観音立像(像高9cm、講師作)
【↑】白衣観音立像。
(像高9cm、講師作)
※木彫漆塗り仕上げです。







★興味のある方は、
 メールか電話・FAXで お気軽にお問い合わせください!

いろいろな作品例――華鬘・懸仏・光背など――   

迦陵頻伽宝相華唐草文華鬘です。
【↑】『迦陵頻伽宝相華唐草文華鬘』
 かりょうびんがほうそうげからくさもんけまん
※東博の迦陵頻伽文華鬘(木製彩色・室町時代)をベースに、中尊寺の金銅華鬘や奈良博の牛皮華鬘残欠をコラージュして図案化しました。木地は桂材、厚みは最大約15ミリ、縦横サイズは約33㎝四方。(講師作)
PC用ページに大きな画像があります。
転法輪印を結ぶ釈迦如来座像(懸仏)です。
 【↑】転法輪印を結ぶ釈迦如来座像。
※中尊寺円乗院の懸仏を基に制作しました。
 木彫漆塗り仕上げ。(講師作)

透かし彫りの光背の練習作例です。
【↑】光背(:透し彫りの宝珠光)の練習彫り
です。「仏像彫刻―鑑賞と彫り方―」(:松久
宗琳仏所著 淡交社刊)をお手本にしました。
                  (講師摸刻)

 【鎌倉彫 道友会の主な活動歴】
  2002年  高木盆栽美術館にて、第1回鎌倉彫道友会作品展開催。
  2005年  府中市美術館にて、鎌倉彫道友会10周年展開催。
  2009年  東京都美術館で開催された“ニュークリエイティブ展”(現代手工芸作家協会主催)
         に会員30余名が応募し入選。
         講師も招待作家として“蓮華蔵雲中供養菩薩”(懸仏の作品)を出品。
  2010年  国立新美術館で開催された“平泉展”に
         “鶴亀松竹椿文彫木笈模刻”を講師と一部会員とで共同出品。
  2013年  東京都美術館で開催された“ニュークリエイティブ展”(現代手工芸作家協会主催)
         に会員4名が応募し入選。
         講師も招待作家として“迦陵頻伽宝相華唐草文華鬘”(透かし彫りの作品)を出品。
  【道友会の講師 プロフィール】 

 明治大学法学部卒業後、
   鎌倉彫道友会の講師:田中光堂の顔写真です。
 鎌倉彫高等職業訓練校(2年課程)を修了して、
 由比ガ浜通りの『寸松堂』工房に入社。
 寸松堂工房の塗り部屋で1年間、彫り部屋で1年5カ月間、
 専門的な実地指導を受ける。
  その後、家庭の事情で同工房を退社、
 約9年間のサラリーマン生活を経て、1993年 脱サラ独立。
  1995年 中野・吉祥寺教室開講 1996年 府中教室開講。~至現在。
 
 趣味 : Yoga、筋トレ、コンディショニング、刃物研ぎ、パソコン
      読書(主に美術・自然科学・仏教書と健康オタク本)、
      寺巡り、温泉スパ巡り、マクロビ料理店巡り
映画、音楽鑑賞、
      小動物と遊ぶこと、猛獣(:かみさん)をかい馴らすこと。

仏像彫刻・金継ぎ・漆塗りに関するお問い合わせ
  電話・FAX:042-511-7773
  田中光堂まで
  e-mail:tanaka-koudou@jcom.home.ne.jp


     ※どんなご質問でもOKです。
       お気軽にお問い合わせください!

        このページの先頭へ 
 

道友会のシンボル・リーフ:四葉のクローバーTOPへ  *鎌倉彫教室ご案内 

    *作品展示室  *鎌倉彫ノート 

 *道具道楽 
*笑遊放談録(:はみだし座談ブログ) 

      *リンクの輪    *鎌倉彫教室 Q&A